メニュー

スタッフ・専門家ブログ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)前の食事:Low residue diet(低残渣食)とClear liquid diet(流動食)のどちらが良いの?(2021.09.14更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。今回は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前日の食事について、いわゆるL… ▼続きを読む

やっぱり大切!?便秘と食物繊維~多く含まれる食品や摂取のポイント~(2021.09.07更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   みなさまこんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回のテーマである便秘について悩まれている方も多… ▼続きを読む

メタボリックシンドロームに対する生活習慣(食生活・運動)の改善(2021.08.31更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。 本日は、健康診断などで、メタボリックシンドロームに該… ▼続きを読む

英国消化器病学会の過敏性腸症候群(IBS)に対する食事の推奨(食物繊維、低フォドマップ食など)(2021.08.24更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回は、今年の4月にBritish Society of… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)でおすすめの調理油は?(2021.08.17更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   みなさんこんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回も多くの潰瘍性大腸炎、クローン病患者さんか… ▼続きを読む

逆流性食道炎(GERD)に対する特定の食品を取り除く食事療法の効果(2021.08.03更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。GERDに対する食事療法の症状改善効果についてはまだ科学… ▼続きを読む

下痢の原因や関連疾患(2021.07.27更新)
下痢の概要 一般的に正常な便は水分量が60%~70%程度と言われていますが、便に含まれる水分の量がこれ以上となり、軟便やかゆ状の便、さらには水のような便となったものが下痢です。 4週間以内に収まる… ▼続きを読む

プロバイオティクス、プレバイオティクス、シンバイオティクスの過敏性腸症候群(IBS)への効果は?(2021.07.27更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。今回は多くの過敏性腸症候群(IBS)患者さんから質問を受けることの多い、「プロバイ… ▼続きを読む

胃痛の原因や関連疾患(2021.07.27更新)
胃痛の概要 一般的に胃痛はみぞおち辺りの痛みを表現する際に用いられることが多い言葉です。 胃痛では様々な種類の痛みがあり、痛みの種類は原因となる病気などによって異なることがあります。 例えば、鋭… ▼続きを読む

胃がんの症状、診断、治療(2021.07.20更新)
概要 胃がんは、胃の壁の内側にある粘膜に発生するがんです。細胞が何らかの原因でがん細胞となり増えていきます。また、がんが次第に大きくなるに連れて、胃の粘膜から粘膜の下層やそのさらにその外側にある層に… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME