メニュー

スタッフ・専門家ブログ

便秘に対する運動・ウォーキングの効果は?(2021.11.02更新)
こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。本日は便秘に対する運動の効果に関する研究を紹介できればと思います。 便秘に対しては食物繊維や水分の摂取などが重要と考えられていますが、便秘に対する運動の効果につ… ▼続きを読む

腹痛・下痢・便秘などを伴う過敏性腸症候群(IBS)に効果的なサプリメントは?(2021.10.26更新)
執筆:宮﨑 拓郎 (米国登録栄養士・公衆衛生学修士(栄養科学)) 今回は現在もアメリカで盛んに研究が行われている過敏性腸症候群(IBS)へのサプリメントの効果について紹介します。 IBSは原因不明… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)で血便などの症状がないのになぜ生物学的製剤などを勧められるか?(2021.10.26更新)
執筆者:堀田 伸勝 (板橋区のほりた内科・胃腸内視鏡クリニック 院長) 今回は血便などの症状がないのに、どうして生物学的製剤などを勧められるかという多くの患者さんがご質問いただく内容にお答えしたいと… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎・クローン病の患者さんら向けオンライン就労イベントのお知らせ(2021.10.19更新)
潰瘍性大腸炎・クローン病等の炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)患者さん、ご家族らを対象としたオンライン就労イベントの紹介です。 田辺三菱製薬株式会社・株式会… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)における生物学的製剤(レミケードR、ヒュミラRなど)の使い分けは?(2021.10.12更新)
本日はレミケードR、ヒュミラRなどのいわゆる生物学的製剤に関して患者さんからよくいただく質問についてお答えしたいと思います。 1. 生物学的製剤を使うタイミングは? 一般的に生物学的製剤を使う… ▼続きを読む

血便の原因・関連疾患・検査(2021.10.12更新)
板橋区にあるほりた内科・胃腸内視鏡クリニックでは、血便のご相談を承っています。血便は様々な疾患に関連した症状であることから、原因を突き止めることが大切です。 血便とは 血便とは、肛門や大腸、ま… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)と魚の油に含まれるオメガ3との関係は?(2021.10.05更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。質問を受けることが多い、脂質の中でも抗炎症作用などに注目が集まって… ▼続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)のサブタイプ(下痢型/便秘型など)や重症度によってNG食品は異なるの?(2021.09.28更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。今回は2021年9月に公表された過敏性腸症候群(Irritable… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎とクローン病の栄養管理 IBDにおける栄養学の科学的根拠と実践法 書評(2021.09.22更新)
今回は、当クリニックの院長の堀田と米国登録栄養士宮﨑が執筆に参加し、2021年3月に講談社より発刊された「潰瘍性大腸炎とクローン病の栄養管理」に対する書評を紹介します。堀田と宮﨑が執筆に参加した書籍は… ▼続きを読む

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)前の食事:Low residue diet(低残渣食)とClear liquid diet(流動食)のどちらが良いの?(2021.09.14更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   板橋区のほりた内科・胃腸内視鏡クリニックの宮﨑です。今回は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前日… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2022年1月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME