メニュー

大腸カメラ

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査とは、内視鏡スコープ先端に設置されたカメラで大腸の粘膜を直接観察することができる検査で大腸カメラとも呼ばれます。疑わしい部分については組織を採取し、病理検査を行って確定診断につなげることもできます。さらに内視鏡の先端から専用の器具を用いて大腸ポリープを直接切除することもできます。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1.鎮静剤を利用した苦痛の少ない大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査で痛みやおなかの張りなどの辛い経験をしたことがある人もいらっしゃると思います。当院では、鎮痛剤や鎮静剤を使用し、うとうと眠くなるような状態で検査を行うことができ、痛みや不快感を和らげることができます。また世界にも普及している日本の内視鏡機器の中心的会社であるオリンパス社製の新鋭のスコープを用いますので、腸管を押して不快感を起こす可能性が低く、スコープ先端にフードを装着することでより短時間での検査を実現しています。

2.経験豊富な医師

当院の院長は、東京医科歯科大学付属病院や豊島病院などで長年にわたり消化器疾患患者と向き合い、内視鏡による検査や治療をおこなってきました。豊富な経験を生かし、短時間に精度の高い検査を行うことが可能で、苦痛も軽減することができます。

3.日帰り大腸ポリープ切除

多くのクリニックでは、大腸ポリープが発見された場合に後日再び大腸内視鏡を用いてポリープを切除しますが、当院では、ポリープが見つかった場合にその場で切除が可能です。なお、ポリープの大きさや数、形状によっては入院による手術が必要となりますので、その際には連携医療機関をご紹介させていただくことが可能です。

4.女性医師による大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受けることが恥ずかしい女性も多いと思います。当院では、そのような女性患者様のために、毎週木曜日午後に女性医師による内視鏡検査を実施していますのでお気軽にご相談下さい。

5.敷居のあるリカバリールーム

当院では、鎮痛剤や鎮静剤を使った後に患者様にゆっくりと休んでいただけるよう、敷居のある個室空間での回復室(リカバリールーム)を用意しています。ベッドで横になっていただくことも、リクライニング椅子でお休みいただくことも可能です。

6.男女別更衣室、女性の更衣室にパウダーゾーン(化粧直しの場所)

当院では、女性の大腸内視鏡検査の敷居を少しでも下げられるように、男女別の更衣室を用意するとともに、女性の更衣室には、検査後に化粧直しができるようにパウダーゾーンを設置しています。

7.土曜日の内視鏡検査・治療

内視鏡検査が必要な方には平日忙しく来院できない方も多いと思います。当院では土曜日に上部消化管内視鏡検査を行う体制をとっています。平日に忙しい方はぜひ土曜日にお越しください。

大腸内視鏡検査に関連する症状

下痢や便秘はストレスや食べすぎなどで引き起こされることもあります。また血便についても痔が原因で起こることもあります。しかし、これらの多くの人が経験する消化器症状が、大腸がんや大腸ポリープ、また国の指定難病で最大の患者数を誇る炎症性腸疾患と呼ばれる潰瘍性大腸炎やクローン病によって引き起こされている可能性もあります。大腸内視鏡検査は、これらの消化器症状や大腸がんや大腸ポリープの早期発見のために必要な検査です。

大腸内視鏡検査でわかる病気

大腸内視鏡検査で見つかる主な疾患は以下となります。

  • 大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、大腸ポリープ、虚血性大腸炎、大腸憩室炎など

検査を受ける時期

大腸がんは早期発見によって負担の少ない治療で完治が望めます。早期のがんでははっきりとした自覚症状が起こらないことが多いため、がんの早期発見のためには自覚症状が状態で検査を受けることが重要です。特に大腸がんの発症リスクが高くなるといわれている40歳を超えている場合は、症状がない場合でも一度大腸内視鏡検査を受けることが大切です。

また、がんになった家族がいる、大腸ポリープがあった家族がいる場合や喫煙や飲酒の習慣がある場合、さらには下痢や便秘などの消化器症状が続く場合も検査を受けることをおすすめします。

大腸内視鏡検査の流れ

事前診察と検査予約

大腸内視鏡検査では事前の食事制限と下剤服用という前処置が必要になります。そのため、検査の前に診察を受けていただき、前処置の説明を受けてから検査のご予約をしていただく流れとなります。

検査前日

検査前日は、消化の悪いものを避け、夕食は夜9時までに済ませて下さい。夕食では消化しやすいものを食べてください(詳細は事前診察時に紹介します)。寝る前まで、糖分が含まれていないお水や薄いお茶をお飲みになって構いません。検査の前日または前々日から少量の下剤を服用して準備を始めていきます。

検査当日

検査当日は、腸管洗浄剤(下剤)を複数回に分けて飲みます。遠方から来られる場合やご希望の場合は院内で下剤を服用することも可能です。

ご来院

腸内がきれいになった状態で落ち着いたら検査予定の30分前までにご来院ください。便の状態を確認したのちに、更衣室にて検査着にお着換えいただきます。

検査中

検査室で点滴を行い、検査用のベットに横になっていただきます。鎮痛剤や鎮静剤などを点滴注射して、医療用ゼリーを塗った状態でスコープを肛門から挿入して検査開始となります。検査時間は15-30分程度です。ポリープの切除を行う場合は大きさや個数によりますが30-60分程度となります。 

検査後

鎮静剤からしっかり目覚めるまでは敷居のある個室空間のある回復室(リカバリールーム)で30-60分ほどお休みいただきます。その後ふらつきがなく、目覚めた状態でお帰りいただけます。

病気などの異常が疑われた場合などはバイオプシーをした場合、結果がわかるまで一週間程かかります。結果は次回の外来受診時に説明しますので、必ず外来にいらして下さい。

検査当日は、自動車・バイク・自転車での来院はしないで下さい。公共の交通機関をご利用下さい。

料金

 

1割負担

3割負担

大腸内視鏡検査

約2,500円 約7,500円

大腸内視鏡+病理検査

約3,000~5,000円 約10,000~15,000円

大腸ポリープ切除術

約8,000~10,000円 約20,000~30,000円

※上記の表はあくまで参考料金であり、実際の診療・検査内容によって料金が変わることがあります。また診察料、採血費用などが別途必要となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME