メニュー

板橋区の消化器内科専門外来

板橋区にあるほりた内科・胃腸内視鏡クリニックでは、豊島病院や東京医科歯科大学医学部附属病院などで様々な消化器疾患患者さんを担当してきた堀田院長が内視鏡検査などを踏まえ、最適な診断・治療を行います。

腹痛や下痢、便秘などは、生活面で大きな影響を与える症状ですが、デリケートで他人に相談しにくい悩みだけに、自分一人で悩みや不安を抱えてしまうことが多くあります。

このような消化器症状に対し、当院では、腹痛や下痢、便秘などの消化器に関する症状を診察から検査まで ワンストップで行うことが可能です。

専門的な知見と豊富な診療経験

院長の堀田は豊島病院や東京医科歯科大学医学部附属病院などで専門的な治療が必要な潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群など多岐に渡る消化器疾患患者さんの診療に携わってきました。的確な検査をベースに患者さんのご要望も伺いながら患者さんと一緒に最適な治療を選択していきます。

特に消化器疾患は長く付き合わなければならないことも多い疾患であり、患者さんが納得感のある治療を選択することが非常に重要です。患者さんの価値観やライフスタイルも踏まえ患者さんにとって最適な治療を一緒に模索していきます。

痛みや苦痛を軽減する内視鏡検査

消化器疾患では適切な診断のために内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)が必要ですが、怖いという方や不安に思われる方も多いと思います。そのような方でも安心して検査を受けていただくことができるように、当院では一般的に大きな病院で使用されているものと同じような鎮静剤や設備を準備しています。鎮静剤を使用することで、寝ている状態に近い状態で内視鏡検査を受けることができ、痛みや不快感を軽減することができます。

また日本の内視鏡機器の会社として様々な内視鏡を全国の医療機関に提供しているオリンパス社製の新鋭のスコープを用いますので、腸管を押して不快感を起こす可能性が低く、スコープ先端にフードを装着することでより短時間での検査を実現しています。

敷居のあるリカバリールーム

当院では、鎮痛剤や鎮静剤を使った後に患者様にゆっくりと休んでいただけるよう、敷居のある個室空間での回復室(リカバリールーム)を用意しています。

ベッドで横になっていただくことも、リクライニング椅子でお休みいただくことも可能です。

消化器疾患に対する食事療法

アメリカでは潰瘍性大腸炎・クローン病はもちろん、過敏性腸症候群や逆流性食道炎など様々な消化器疾患に対して食事療法が提供されています。

当院ではアメリカのミシガン大学で栄養学を学んだ米国登録栄養士が食事療法が有用と考えられる消化器疾患に対して食事の相談を受けたりカウンセリングを行っています。

毎週火曜日の米国登録栄養士在院時は、対象となる疾患を抱えた患者さんが診察を受けた際に10-15分程度の食事サポートを無料で受けることができます。

また、より詳細な食事カウンセリングを受けたい患者様向けに保険適応外での食事カウンセリングも提供しています。

当院の米国登録栄養士と院長の堀田は2021年6月に講談社より発売となった「潰瘍性大腸炎・クローン病の今すぐ使える安心レシピ 科学的根拠にもとづく、症状に応じた食事と栄養」執筆にも携わりました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME