メニュー

食事サポート・カウンセリング

食事サポート・カウンセリングは米国登録栄養士の宮﨑が担当します。宮﨑はアメリカのミシガン大学で栄養学を学びミシガン大学病院等で食事指導を経験し過敏性腸症候群(IBS)に関する食事療法(低フォドマップ食)の臨床研究にも携わりました。また帰国後はコロンビア大学監修のヴィデビムス虎ノ門クリニックにて主に生活習慣病を抱える方や過敏性腸症候群(IBS)患者さんを対象とした栄養プログラムの立ち上げや提供に従事しました。さらに講談社から2021年6月に出版された「潰瘍性大腸炎・クローン病の今すぐ使える安心レシピ 科学的根拠にもとづく、症状に応じた食事と栄養」の執筆にも参加しました。

現在は毎週火曜日のみとなりますが、ぜひ食事サポートやカウンセリングにご興味ある方はご活用ください。

食事サポート (無料)

診察を受けた生活習慣病や消化器疾患患者様に対し、米国登録栄養士在院時(毎週火曜日)に10分程度外来食事サポートを無料提供します(不在時は資材提供のみ)。 

対象疾患

潰瘍性大腸炎/クローン病(IBD)、過敏性腸症候群(IBS)、逆流性食道炎(GERD)、慢性便秘、機能性胃腸症(ディスペプシア)、脂質異常症、高血圧、糖尿病

特徴

海外での最新の研究等も踏まえた各疾患に対する食事のポイントがまとめられた資材をベースに、米国登録栄養士の宮崎が、各疾患や症状に応じた食事のポイントをわかりやすく解説します。短時間でのサポートとなりますが、各疾患に対する食事のポイントを把握できるとともに素朴な疑問を解消することも可能です。

食事カウンセリング (保険適応外・自費診療)

米国登録栄養士による約2か月間・計5回の食事カウンセリング・フォローアップにより、食事に関する行動変容をサポートするプログラムです。食事カウンセリングは保険適応外・自費診療のプログラムとなります。

抱えている病気や症状に加え、患者さんの日々の食事や運動、睡眠、ストレスなどのライフスタイルについても確認させていただき、それぞれの患者さんにふさわしい食生活を患者さんと一緒に模索します。また、その食生活を実践できるように対面や電話などを使って丁寧にサポートしていきます。

このような継続的に患者さんの行動変容をサポートするプログラムは海外では広く普及しはじめていますが、まだ日本では一般的ではありません。しかし、その手法は米国栄養士会などが推奨しています。そのため私たちは、日本でもこのプログラムを提供できるよう米国での経験のある米国登録栄養士による食事カウンセリングを始めました。

対象疾患

潰瘍性大腸炎/クローン病(IBD)、過敏性腸症候群(IBS)、逆流性食道炎(GERD)、慢性便秘、機能性胃腸症(ディスペプシア)、脂質異常症、高血圧、糖尿病、減量したい方、生活習慣病を予防したい方

*消化器症状を患っていて医師による診察・診断を受けていない方は、食事カウンセリングの前に医師による診察が必要です。診察の予約はウェブで取れますのでご確認ください。

特徴

  • 米国の食事カウンセリングで広く用いられているモチベーショナルインタビューイング(動機付け面接法)というカウンセリング手法を用いて、患者さんが自分の課題に気づき、主体的に行動目標を設定することをサポートします。
  • 2週間に1回ずつの丁寧なカウンセリングとフォローアップにより、具体的に取り組めるようサポートします。
  • 科学的根拠に基づき推奨される食事内容を、患者さん個々人のライフスタイルや好みを踏まえて日々の食生活に落とし込むことで、カウンセリング後も健康的な食生活を継続・発展できることを目指します。

カウンセリングの流れ

  1. 初回カウンセリング: 60分 (対面)
  2. フォローアップ:   15分 ( オンライン・約2週後) 
  3. カウンセリング:   30分 (対面 or オンライン・約4週後)
  4. フォローアップ:   15分 (オンライン・約6週間後)
  5. カウンセリング:   30分 (対面 or オンライン・約8週後)

 

カウンセリング詳細

初回カウンセリング:約60分 (原則対面)

現状の把握を行います。

  • 現在の病状や症状、既往歴、検査結果や消化器症状などの共有
  • 運動、睡眠、ストレスなども踏まえたライフスタイルの共有
  • 食生活(1日の食事の内容)の共有
  • 現在の不安や課題の共有

各疾患・症状に合わせた最適な食事に関するディスカッションを行います。

  • 資材を用いた推奨される食事内容の紹介
  • 推奨される食事をどのように日々の食事に落とし込むか、そのメリット・デメリットや課題や対処法の検討

次回カウンセリングまでの行動目標を一緒に設定します。

  • 2週間後のフォローアップ、約1か月後のカウンセリングまでに行う実現可能な行動目標の設定
  • 行動目標に関するフォローアップ方法の検討
フォローアップ:約15分 (オンライン/電話・約2週間後)
  • アクションプランの進捗について共有するとともに課題や疑問についてディスカッションし、対応策を話し合います。
  • 必要に応じてアクションプランの修正等を行います。
カウンセリング:約30分 ((対面 or オンライン・約4週後)

1か月の振り返りを行います。

  • 行動目標の達成度合い
  • 体重、消化器症状の変化
  • うまくいったこと、課題などの整理
  • 課題や悩みとその対処法に関するディスカッション

次回カウンセリングまでの行動目標を一緒に設定します。

  • 2週間後のフォローアップ、約1か月後のカウンセリングまでに行う実現可能な行動目標の設定
  • 行動目標に関するフォローアップ方法の検討
フォローアップ:約15分 (オンライン/電話・約6週間後)
  • アクションプランの進捗について共有するとともに課題や疑問についてディスカッションし、対応策を話し合います
  • 必要に応じてアクションプランの修正等を行います。
カウンセリング:約30分 ((対面 or オンライン・約8週後)

2か月間の振り返りを行います。

  • 行動目標の達成度合い
  • 体重、消化器症状、血液検査結果等の変化
  • うまくいったこと、課題などの整理
  • 課題や悩みとその対処法に関するディスカッション
  • 今後のアクションプランの設定

プログラム終了後も健康的な食生活を維持するための行動計画を策定します。

料金

  • 2021年7月31日までにお申し込みいただいた方: 1万円/全5回
  • 2021年8月以後にお申し込みいただいた方:    2万円/全5回

*初回カウンセリング時に一括支払い

*3ヶ月以後に30分のカウンセリングと15分のフォローアップを継続したい場合の費用:5千円/月

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME