メニュー

下痢外来

当院では、豊島病院や東京医科歯科大学医学部附属病院などで様々な下痢を抱える患者さんを診療してきた堀田院長が、下痢外来を通して患者さんの悩みや課題を解決します。

下痢の種類の特定

下痢は大きく急性の下痢と慢性の下痢に分けられます。急性の下痢は主に細菌やウイルスの感染による胃炎によって引き起こされることが多いです。一方4週間以上続くような慢性的な下痢は様々な原因によって引き起こされます。代表的な原因としては日本に1000万人程度の患者がいるといわれる過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease)、大腸がんなどです。またストレスや薬の副作用などでも下痢になることがあります。当院では必要に応じて苦痛の少ない大腸内視鏡検査なども行い下痢の原因を特定します。

下痢の原因に応じた最適な治療選択

当院では問診や検査結果、そして患者さんの意向も踏まえたうえで下痢の症状を緩和するための治療を選択します。

食事サポート

下痢外来では専門の医師と米国登録栄養士の連携により、病状や症状も踏まえ最適な食生活を行えるようサポートします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME