メニュー

下痢の原因・関連疾患・検査

[2021.07.27]

板橋区にあるほりた内科・胃腸内視鏡クリニックでは、下痢に関するご相談を承っています。下痢が長期間続くと生活の質に大きな影響を与えるだけではなく脱水症状などにもつながり大変危険です。下痢が続く場合は早期に消化器専門医に相談しましょう。

下痢の概要

一般的に正常な便は水分量が60%~70%程度と言われていますが、便に含まれる水分の量がこれ以上となり、軟便やかゆ状の便、さらには水のような便となったものが下痢です。

4週間以内に収まる下痢を急性の下痢、4週間以上続く下痢を慢性の下痢と呼ばれます。下痢の原因によって下痢が続く期間や下痢の頻度などが異なります。

下痢の原因

下痢は様々な原因により引き起こされます。例えば下剤や一部のサプリメントなどは、体内から腸管の中に水分を取り込み下痢が引き起こされます。

また細菌やウイルスの感染、食物アレルギーや薬剤の影響により、粘膜が障害を受け、分泌液が亢進することもあります。さらにストレスや食生活の乱れにより自律神経のバランスが崩れ、腸の動きが活発になりすぎることにより下痢となることや薬剤や疾患が原因となり下痢が引き起こされることもあります。

このように様々な要因が下痢を引き起こす可能性があるため、まず何が原因で下痢が起きているのかを特定する必要があります。

下痢と関連する疾患

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)は、小腸や大腸に炎症などの異常が見つからないにも関わらず、便の異常や腹痛・膨満感などの消化器症状が起こっている状態のことをいいます。

過敏性腸症候群の詳細はこちら

潰瘍性大腸炎

未だ原因が不明で、長期間に渡り慢性的に大腸に炎症を起こす病気です。炎症とは大腸の粘膜に白血球やリンパ球といった血液の細胞が集まり、粘膜が負担を受けてただれて出血などを生じる状態です。

残念ながら未だ完治することが難しい病気で日本では難病認定をされています。

潰瘍性大腸炎の詳細はこちら

大腸ポリープ

大腸の粘膜の表面が盛り上がった腫れているものを大腸ポリープといいます。

大腸ポリープは、大きく腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられます。さらに非腫瘍性のポリープは過形成性、過誤腫性、炎症性ポリープに分類されます。一方、腫瘍性のポリープも大腸ポリープの8割以上を占めるといわれる腺腫とがんに分けられます。

大腸ポリープの詳細はこちら

大腸がん

大腸がんは、大腸に発生するがんのことを言います。大腸がんは50代から発症が増加することが確認されており、高齢になればなるほど罹患率も高くなります。女性よりも男性の方が2倍程度、罹患しやすく死亡率も高い傾向にあります。

大腸がんの詳細はこちら

下痢の検査

下痢では問診や触診や聴診、さらには必要に応じて血液検査や大腸内視鏡検査を行うことにより原因を特定します。

下痢では、その原因によって治療法が大きく異なるため、検査と診断が非常に重要となります。また診断が確定した後も症状に応じた最適な治療が求められます。

下痢が続く場合は、ただの下痢と思って放置するのではなく、早めに消化器専門医の診察・検査を受けることが勧められます。

当院では、東京医科歯科大学付属病院や豊島病院で内視鏡を多く行ってきた院長が、鎮痛剤や鎮静剤を使用しながら、痛みや不快感の少ない内視鏡検査を行うことが可能です。

また世界にも普及している日本の内視鏡機器の会社、オリンパス社の新鋭のスコープを用います。この内視鏡を使うことにより、腸管を押して不快感を起こす可能性が低くまろ、スコープ先端にフードを装着することでより短時間での検査を実現しています。

当院の大腸内視鏡検査について

ブログカレンダー

2022年1月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HOME

ブログカレンダー

2022年1月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME