メニュー

スタッフ・専門家ブログ

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)における生物学的製剤(レミケードR、ヒュミラRなど)の使い分けは?(2021.10.12更新)
堀田です。本日はレミケードR、ヒュミラRなどのいわゆる生物学的製剤に関して患者さんからよくいただく質問についてお答えしたいと思います。 1. 生物学的製剤を使うタイミングは? 一般的に生物学的製剤… ▼続きを読む

血便の原因や関連疾患(2021.10.12更新)
血便とは 血便とは、肛門や大腸、または直腸などの消化管から出血した血液が混じった便のことを意味します。便に血が付くといっても様々な状況があり、便器が血で真っ赤になるような場合もあれば、拭いた紙に血が… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)と魚の油に含まれるオメガ3との関係は?(2021.10.05更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。質問を受けることが多い、脂質の中でも抗炎症作用などに注目が集まって… ▼続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)のサブタイプ(下痢型/便秘型など)や重症度によってNG食品は異なるの?(2021.09.28更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。今回は2021年9月に公表された過敏性腸症候群(Irritable… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎とクローン病の栄養管理 IBDにおける栄養学の科学的根拠と実践法 書評(2021.09.22更新)
今回は、当クリニックの院長の堀田と米国登録栄養士宮﨑が執筆に参加し、2021年3月に講談社より発刊された「潰瘍性大腸炎とクローン病の栄養管理」に対する書評を紹介します。堀田と宮﨑が執筆に参加した書籍は… ▼続きを読む

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)前の食事:Low residue diet(低残渣食)とClear liquid diet(流動食)のどちらが良いの?(2021.09.14更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   米国登録栄養士の宮﨑です。今回は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前日の食事について、いわゆるL… ▼続きを読む

やっぱり大切!?便秘と食物繊維~多く含まれる食品や摂取のポイント~(2021.09.07更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   みなさまこんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回のテーマである便秘について悩まれている方も多… ▼続きを読む

メタボリックシンドロームに対する生活習慣(食生活・運動)の改善(2021.08.31更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。 本日は、健康診断などで、メタボリックシンドロームに該… ▼続きを読む

英国消化器病学会の過敏性腸症候群(IBS)に対する食事の推奨(食物繊維、低フォドマップ食など)(2021.08.24更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   こんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回は、今年の4月にBritish Society of… ▼続きを読む

潰瘍性大腸炎、クローン病(IBD)でおすすめの調理油は?(2021.08.17更新)
執筆: 宮﨑 拓郎(公衆衛生学修士(栄養科学)、アメリカ栄養士会所属アメリカ登録栄養士)   みなさんこんにちは。米国登録栄養士の宮﨑です。今回も多くの潰瘍性大腸炎、クローン病患者さんか… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME